太りたい人の太る方法。本気の悩み、解消しませんか?

あなたは健康的な体になったら何をしたいですか?

太りたいのに太れないのには原因があります。

そんな太れない原因を無視した太り方はあなたの健康を害すだけでなく、

精神的な負担も大きくしてしまう可能性があるのです。

あなたに合った簡単な太る方法はきっとあります。

太っちょ.comではそんな太りたいけど太れないあなたの太るお手伝いをしています。



当サイトでは健康的に太るためにサプリを使用した方法をおすすめしています。

ストレスをかけず、普段の生活の中に取り入れるだけで太る効果が実感できる太るサプリ。

そんなサプリがあることを念頭に当サイトを見ていただけたら幸いです。

太りたい人がすべき太る為にすべきこと


太りたい。

でも太る為には食べるしかない。。。

太りたいあなたは、太りたいという気持ちが大きいために視野が狭くなっているかもしれません。

まずは太りたいと思ったときにすべきことを確認してみましょう。

太りたいと思ったら、まずあなたの体型がどれくらい痩せているのかを確認することが大切。

ただ漠然と太る為の努力をしても実にならないことが多くあります。
まずは現状把握と、目標にすべき体型の確認をすることが大切になるのです。

あなたの目指すべき体型を確認して目標に向かってデブエット開始。

効率的なデブエットで体重を増やしていきましょう!

太りたいあなたが目標にすべき体型


痩せている人にありがちな考え方ですが、

単純に体重を増やしたい。

という気持ちだけで、健康的に太るということに目がいっていないことがあります。

太ることが目的ではありますが、健康的な体型になることがあなたの目標のはずです。

まずは目標とする体型の理想の数値を知ることから始めましょう。

今は男女問わず健康的な体が最も一番モテるという結果が出ているほど、痩せすぎ・太りすぎの体型は異性の魅力がないというデータもあります。

そんな中で健康的な体重の指標となる数値はBMI数値を参考に割り出します。

※BMI数値とは肥満度をあらわす数値で、健康的な体系か否かを判断する数値として利用されます。

基準となるBMI数値は22という数値になり、BMIが22の人が最も病気になりにくい健康的な体だといえます。

BMI数値の計算方法は【体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=BMI数値】という計算方法で算出します。

この数値が22だと最も健康的な体重ということになります。

例えば身長が155cmで体重39キロということになると、【39÷1.55÷1.55=16.2….】という計算になるので、すごく痩せているという判断が出来ます。

健康的といわれる標準値のBMI値が18.5~25までとされているので、16.2というBMI値はとても低い部類に入り、死亡率が最も高い値でもあります。

とりあえずの目標値としてBMI値を19まで持っていくこと。

その上で順調に体重を増やしていき、22まで持っていくという段階的な目標を立てることで太る目標を明確に持つことができ、順調な体重増加につながります。

太りたい人に向けたサプリって知っていますか?

あなたは太りたい人の為の太るサプリというのはご存知ですか?

食べる量を増やさなくても飲んでいくだけでだんだんと肉付きがよくなっていく魔法のようなサプリです。

太れない人の多くは体にある消化酵素がうまく働いていないことがしばしば。

どんな方法もつらくてやめてしまった。

効果がなかったという方は、まずは太る為に作られたサプリを試してみてはいかがでしょう?

そんな中で太る実績がとても高いのがこの2つのサプリ

プランプ


毎月先着300名限定
半額の2980円

>公式HPはこちら<

栄養の収集率をアップさせるのにプランプほど適しているサプリはしりません。

7種類の消化酵素と4種類のハーブ。

バイオペリンに酵母までは移封されている太るサプリのプランプ。

消化酵素はや漢方・ハーブ。といった成分はほかの太るサプリにも入っていますが、栄養吸収率がアップすると明言されているバイオペリンを配合しているのはプランプだけ!

太るサプリを試してみたいな。。。

と思ったあなたは低価格で高い効果が期待できるプランプを試してみてください。

>公式HPはこちら<




プルエル


1か月使用したユーザー満足度92%!
今なら500円offの5980円!

>公式HPはこちら<

7種類の漢方と7種類の消化酵素によってあなたの体をだんだんと太りやすい体質にするお手伝いをしてくれるサプリのプルエル。

夏バテ気味で食欲不振のときに飲む薬も漢方ですよね。漢方で期待できる太る効果は胃腸の調子を整えること。

今までに太ろうとして無理に食べ物を突っ込み、おなかの調子を悪くした経験はありませんか?

そんな弱っているあなたの胃腸を強く、正常な機能に戻してくれる効果を漢方が担います。

さらには正常になった胃腸の働きを助ける7種類の酵素。
酵素で食べ物の吸収率を高め、食べたものの栄養素を逃がすことなく体に吸収できるようにしてくれます。

胃腸が整い、食べ物の栄養がしっかりと吸収できる。体は食べたものの栄養素でできているものです。栄養が吸収できるようになれば自然とあなたの体にも変化が生まれてくるはずです。

>公式HPはこちら<



太るサプリについてはこちらのページで詳しく紹介をしています。
知ってますか?太りたい人の9割が納得した太るサプリ

あなたの太れない原因はなに?


健康的に太りたいなら食べればいいという考えはまず捨ててください。

胃が小さいから食べれないというのは嘘です。

満腹になるのは胃の小ささではなく、脳から送られる指令で満腹感を得ているだけ。

胃がを大きくしたいからと無理に食べ物を詰め込んでしまうと、

胃や腸などの消化器官に負担をかけてしまい太ることなんてできません。

太りたいけど太れない人の多くは間違った方法で太ろうとしているので太れないないのです。

太る為に必要なのは食べ物を詰め込むことでもカロリーを消費しないことでもありません。

あなたが太れない原因をみていきましょう。

あなたが太れないのはどのパターン?

成人の一日の摂取カロリーの目安は 男性⇒2000kcal 女性⇒1600kcal と言われています。
※年齢や生活の仕方で必要な摂取カロリーには差が出てくるので、あくまで目安と考えてください。

太っちょ.comでは太りたいけど太れないという方のパターンをいくつか見てきましたが、

あなたはどれに当てはまりますか?

1.食べれないから太れないタイプ

2.食べているのに太れないタイプ

3.偏食タイプ

細かく分類すると、数え切れないくらいの太れない理由を挙げることができます。
(例:慢性疲労症候群を患っている。骨格のゆがみがある。代謝が悪い体質。消化器の不調。など)

太る方法はその人に体質や状況によって異なります。

1.食べれないから太れない人

食べれずに太れない人は摂取カロリーに対して消費カロリーが多いことで太ることができずにいる可能性があります。

ですが、あまり食べれずにいる方に無理に食べるという方法はあまりおすすめできません。

なぜなら、今までに食べれていなかったのにいきなり食べる量を増やすことで体に負担がかかってしまい、摂取したカロリーを蓄えることができない可能性があるからです。

普段の生活習慣にもよりますが普段から運動をしている方は少し運動量(有酸素運動)を減らして筋肉トレーニング(無酸素運動)などの筋肉を増やしていく運動を行ったほうがよいといえます。

また、このタイプの方は食べたものの栄養をうまく吸収できていないことも考えられます。

太れないほとんどの方が陥っている栄養吸収力に問題がある可能性が大きいとも言えます。

2.食べているのに太れない人

食べているのに太れない人は、消化・吸収の機能が弱っていることで、摂取したカロリーや栄養分を体内に吸収しきれていない可能性があります。

また、病気や体に負担のかかるものを食べているというわけでもなく太らない体質の方はストレスが体に大きな負担を与えていることも考えられます。

内臓機能がうまく働かないで太りにくい体質になってしまっている可能性大です。

まずは食べたものの栄養をしっかりと吸収できるように工夫をすることが大切です。

3.偏食で太れない人

偏食で太れない人は、吸収する栄養バランスが整っていないせいで消化機能の低下を起こしている可能性があります。

ご飯やパン、麺類など、いわゆる体内で糖質に変化する食材を好んで食べる方は摂取カロリーが多くなり、太りやすいと考えられがち。

逆に肉や野菜を中心とした、脂質やビタミンなどを好んで食べる人は摂取カロリーが少なく、太りにくいと考えられがちです。

確かに太りやすくするためにカロリーを多く摂ったり、太りにくい食べ物を減らすことで太れると思ってしまうかもしれませんがそれは間違い。

偏った食生活を送っていると、偏った消化器官に大きな負担をかけてしまいます。

私たちの健康は数えきれないほどの栄養素のおかげで成り立っています。

まずは消化機能を正常に働かせて、バランスの良い食事を摂ることが大切です。
 

太りたい人が太れないもっとも多い原因

先に紹介した太れない理由には共通してしていえることがあります。

それは「消化器官」が健康ではない、弱っているということ。

私たちの体は本来なら口から摂取した食べ物を胃で消化して、小腸で栄養を吸収し、大腸で水分を吸収するという流れをスムーズに行い、必要なエネルギーや栄養素を体の中に取り入れています。

しかし、太れない人は、「消化機能の低下」「栄養吸収機能の低下」が著しいところにあるのです。

これらの消化器官の機能をしっかりさせることで、効率よくエネルギー吸収をすることができますし、栄養不足に陥る心配もなくすことができます。 ※食べたものの吸収にはまず食べたものの分解をしっかりと行わなければいけないのです。機能回復を目指すのなら、まずは食べ物を分解する力をつけなければなりません。

 

健康に太る為の生活習慣


健康的に太るためにはあなたの体を太りやすい体質に変えていくことが近道です。

その為には体に負担のかかるような食生活や毎日の習慣を変えていく必要があります。

太りたいと願っているあなたにまず第一に気を付けてほしいことは胃腸の健康を保つこと。

胃腸の健康は体全体の健康に直結します。

太りたいと思うならまずは胃腸を健康にすることから始めましょう。

太るための胃腸の管理で気を付けたいことをまとめたので確認してみてください。

冷たい食べ物や飲み物を控える


健康的に太るには体の機能を正常に働かせる必要があります。

あなたは今自分の基礎体温が平均でどれくらいあるかを把握していますか?
体温が36度を下回ると、低体温の部類に入ります。

体温が下がると免疫機能や内蔵機能がうまく働かず、不健康な体になってしまうのです。

体温の低下を下げるにはまずは冷たい飲み物や食べ物を極力控えることが大切。

特に消化器官である胃に負担のかかる冷たいものは健康的に太るためには害にしかなりません。

また、健康の為と食べている生野菜も体温を低下させる原因になるので、

生野菜ばかりではなく火を通した野菜も食べるよう心がけましょう。

ストレスを溜め込まず発散する


健康な体になりたいと思っているあなたは常々何かしらのストレスを抱えていませんか?

普通に生活をしているだけでも自分の体にコンプレックスを持っているせいで気分の晴れない日も多いことと思います。
ストレスは溜め込んでしまうと胃腸に多大な影響を及ぼします。ストレスで胃に穴が開いた。。。
なんて話があるように、ストレスは消化器官と密接な関係を持っているのです。

また、ストレスを溜めてしまい胃腸の調子が悪くなることで体の免疫力も低下します。

腸は体の免疫の7割を担っているといわれるくらい体の調子を支える大切な部位です。
ストレスを溜め込むと健康的な体になることは難しくなってしまうので、適度に発散させることが健康的に太る為の第一歩です。

ストレスの発散方法ですが、趣味がないから。。。など難しく考える必要はありません。

1日30分だけ散歩やウォーキング、ランニングなどの有酸素運動を取り入れてください。
30分の有酸素運動は抗うつ剤と同等かそれ以上の気分を晴らす効果を持っています。

また、30分の運動を行うことで胃腸を刺激し、食欲増進の効果も見込めます。

ストレスを発散し長柄食欲増進が見込める有酸素運動は健康的に太るために欠かせない要素です。

睡眠不足を解消する


寝不足は体を太りやすくするということを聞いたことがありませんか?
健康な方にとって、寝不足は長時間体のエネルギーを使うことになりますから体がエネルギーを蓄えようとして太りやすい体に変化してしまいます。

しかし、太りたいと思っているあなたにとって、寝不足は太れない原因の一つになってしまいます。

太りたいと思っているあなたはまずは良質な睡眠をとることが大切です。睡眠不足によってもたらされる太れなくなる原因は2つ。
・自律神経の乱れによるストレスを抱えること。
・成長ホルモンの分泌量を減らす。

この2つの弊害によってあなたは太れなくなっている可能性があります。

ストレスを抱えることで太れなくなってしまうことは前項で紹介しました。では、成長ホルモンは太るのにどんな関係があるのでしょう。

成長ホルモンはあなたの体の機能を正常に保つために必要なホルモンです。
筋トレをした後に傷ついた筋肉の修復を助けたり内臓を休める働き。
細胞の代謝を助ける働きなど、成長ホルモンが体のケアをしてくれるから私たちの体は健康でいられるのです。

成長ホルモンは睡眠時に出るホルモンですので、睡眠不足の方は成長ホルモンがうまく分泌できていない可能性があります。

本来なら正常に働く内臓や体の機能も、睡眠不足によってしっかりと機能できない状態になっているのであれば話は別です。

睡眠不足によって太りにくい体になっている可能性があるのです。

成長ホルモンをうまく分泌させるにはPM22:00~AM2:00の間に睡眠をとることを心がけましょう。
この時間帯は睡眠のゴールデンタイムと呼ばれており、1日の中で最も成長ホルモンが分泌されやすい時間帯なのです。

健康的に太る方法って?

太りたいと思っても、太る方法にはさまざまなものがあります。

簡単に例を挙げると、「食べる量を増やす」「筋肉を増やす」「エネルギーの消費量を減らす」「虚弱体質を改善する」「ホルモンバランスを整える」etc…

簡単に挙げるだけでもこれだけの太る方法が挙げられます。太りたい人が健康的に太るためには、まずは自身にあった太る方法を見つけていかなければなりません。

基本的に太らなくて困っている。頑張って多く食べてるのに太らない。

という悩みを抱えている方には何かしらの原因があり、太らない体質になっているということになります。
その上、自分が太るために欠かせない必要な方法を行わないで太ろうとする為、うまくけっかが 伴わなかったり、辛い思いをしてしまうことが多くあるのです。

太りたいという気持ちと、自分が太る方法さえしっかりと把握できれば健康的に太ることが出来ます。

一緒に太る方法を見つけていきましょう。

女性におすすめの健康的に太る方法

男性・女性問わずどちらの性別にもおすすめできる太る方法はあります。

でも、女性にはおすすめできない太り方もあるんです。
女性におすすめできない太り方は筋トレによる太る方法。

女性の体は脂肪がつきやすくなっていますが、筋トレをすると代謝があがり、消費するエネルギーが多くなってしまいます。
その為、女性は筋トレで体重を増やしてしまうと「健康的な女性の体」とは異なる体になってしまうこともあります。

そんな女性におすすめな太り方は女性ホルモンを正常に分泌させる方法とエネルギー吸収率を高める方法です。
女性は太るために筋トレをあまりしない方がいいです。太るなら体質改善で太りやすい体を目指すようにしましょう。

 

おすすめはエネルギー吸収率を高める方法

健康的に太るためには食べたもののエネルギーをしっかりと吸収する力を身につける必要があります。

太ることが出来ずに痩せすぎで悩んでいる方のほとんどが食べたエネルギーをしっかりと吸収できていない為に痩せているというところに原因があるからです。

細い人が無理をして食べても太れない理由にはこのことが関係しています。
そのため、消化器官の負担を減らして、自分の持つ栄養素やエネルギーを吸収する力を回復させる必要があるのです。

一般的に消化器官をの調子を回復させるには整腸剤や、乳酸菌サプリを用いて腸内環境を整える方法をとることが多いのですが、腸内環境を整えることに注力してしまうと排泄機能ばかりがよくなってしまい、ダイエット効果のほうが上回ってしまっている可能性があります。

そこで太るために消化器官を回復させるのに活用したいのが「酵素」です。

酵素もよくダイエットに用いられるものですが、酵素の効果は【糖類や脂肪分の分解・吸収のサポート】を行うことが出来ます。

食べたものの分解をサポートして吸収しやすい形にすることで食べたもののエネルギーや栄養素を吸収しやすい形にしてくれるのです。

体内に酵素を補給することで体に負担をかけることなく効率よくエネルギー吸収を行うことが出来、太りやすい体を作ることが出来るのです。
※酵素には数え切れないほどの種類があります。ダイエットに用いられる場合には吸収を抑える酵素が用いられます。

酵素で健康的に太れる?

酵素を用いればエネルギー吸収率を高めて、食べたものの吸収率を高めることで、体重を増やすことは可能です。

健康的に太ることで体の免疫力を高め、体の体質を変化させることが出来ます。

しかし、酵素はあくまでエネルギーの吸収率を高める為に使いたいものであるため、虚弱体質を改善させながら健康的に太りたい方はプラスアルファので乳酸菌を摂りいれることをお勧めします。

乳酸菌には腸を整える効果があります。※腸は栄養を吸収する働きもあります。その為腸の環境を整えることも太ることにとても関係しています。

先日、池上彰さんのテレビでも紹介されていましたが、腸内フローラを整えることで、体の免疫力を高めることが出来るのです。

ですが、痩せすぎの方は牛乳やヨーグルトなどの乳製品を口に入れると、お腹を下したりすることも考えられるので、まずは体重を増やすことを考えましょう。

体重がある程度増加した時点で食事に乳酸菌を取り入れたり、乳酸菌サプリなどを用いて腸を整えれば、健康的に太ることに成功したといえるのです。

健康的に太りたいなら食べ方が大事

食事を食べるとき、どのようにして食事を摂っていますか?

噛まないほうが満腹中枢を刺激しなくてたくさん食べれるから噛まずに飲み込むことが多い。
太るために油ものを中心の食事を食べている。

そんな方もいると思います。

実は食べ方にも太るポイントは隠れていて、食べ方を間違えると太れるものも太れなくなってしまいます。

ここからはそんな太るための食べ方について確認をしていきましょう!

噛まないほうがいっぱい食べれて太れるというのは嘘?

太るためにはいっぱい食べたほうがいいから満腹にならないように噛まないほうが良いという話を聞いたことがありませんか?

でもこの方法は太れなくて困っている人が行うと逆に太れない可能性があるのです。
噛むという行為は、体内に食べ物が送られたときに消化と吸収をしやすくするための行為です。

実際に唾液には消化をするための酵素が含まれていて、炭水化物を吸収しやすい形にする効果があります。
確かに噛む事で満腹中枢は刺激されますが、太れない人にとっては満腹中枢よりも、消化し切れないほうがかなりのカロリーロスになってしまうのです。

噛む事で消化を助けると、栄養やカロリーを吸収しやすくなります。太りたいと思っている方は栄養吸収がうまくいかないので、消化を少しでも助ける必要があるんです。
今まで噛まないで食事をしてきた方は一口に30回噛む事を行ってください。

消化と吸収がスムーズに出来るようになれば食べたものはあなたの体内に蓄えられ、それだけで太ることが可能になるかもしれません。

絶対にしてはいけない太り方

太らないからといって、摂取カロリーと消費カロリーにだけ目を向けるのは絶対にやめてください。

太る=体重を増やすという概念というだけならばその方法でもいいと思いますが、食の細い人がカロリーを採るために食べることは体に負担をかけるだけとなってしまう可能性があります。

絶対に太るぞ!息巻いて自分の体の許容量以上に食べ過ぎてしまうと、体にに負担をかけて別の悩みを併発させてしまう可能性があるのです。

もし仮に摂取カロリーを増やすことで体重増加に成功したとします。

その場合、体起こっていることは「内臓脂肪」や「中性脂肪」が増えて、隠れメタボリックシンドロームのような状態になってしまっているということです。

つまり、健康的に太れていないということになります。

健康的な体になりたいのであるなら食べ方や食べるものを体に負担をかけないように、太る方法を選んで行うことが大切です。

太れた体験談を見たい方へ

痩せすぎに悩んでいて、努力の結果太れた体験談ってなかなか見つけられませんよね。

そんな体験談を紹介しているブログを見つけたので、参考になるかもしれないので紹介しますね。

ふと活ブログ|痩せ型体型から太った体験談まとめ

太れた体験談がどれだけ紹介されるかわかりませんが、たくさんの方の太れた体験談を更新していくようです。

中には健康的に太る方法ではない方法もあるかもしれません。

でも、太りたくても太れない。。。

と悩んでいたのに、ちゃんと体重を増やせた方もいるという勇気をもらえるかもしれません。

興味のある方はぜひ見てみてください。

サイト内検索
カテゴリー
人気コンテンツ
お問い合わせはこちら


当サイトでは、太れなくて悩んだ体験談、太れない悩みを解消できた体験談を募集しています。

あなたと同じ悩みを抱えた方に少しでも力になれるコンテンツを作成する為にご協力をよろしくお願いします。

また、このフォームでは、当サイトへのご意見も募集しています。
ユーザー様に有益な情報を発信するためにあなたの貴重なご意見をお聞かせください。

お問い合わせフォーム